スタートアップNEWS

スタートアップNEWS

F Ventures、2号ファンド設立。定額利用コワーキングスペース提供により地方起業家の支援拡大へ

2019.04.17

F Ventures LLP(拠点:福岡県)は、2号ファンドとなる「F Ventures Fund 2号投資事業有限責任組合」を設立した。2019年12月末を最終クローズとし、約10億円規模での立ち上げを予定する。

2017年設立のF Ventures 1号ファンドでは、福岡や東京を中心にプレシードからシード期のスタートアップへの投資を実行。2019年1月に総計26社のスタートアップへの組入れが完了し、今後2号ファンドに移行する。投資ステージは、これまで通りプレシードからシードラウンドを対象としており、1社あたり500万円から1,500万円程度を予定している。

ベンチャー

 

また同社は、gooddaysホールディングス株式会社(東証4437)の子会社であるハプティック株式会社(本社:東京都)と提携し、VC投資先へのコワーキングスペース特別提供プログラムを実施する。

「VC投資先向けのコワーキングスペース特別提供プログラム」では、東京、福岡、大阪のシェアオフィスを相互利用できる。東京にオフィスが無い福岡や大阪のスタートアップは、東京出張時に自社の出張拠点として東京のワーキングスペースを利用できるよう環境整備を進める。同様に、在京スタートアップの福岡・大阪拠点利用も可能になり、同社では、これら相互利用体制の確立により自社サービスを広範囲に営業・展開する基盤を構築することが可能となるとしている。

最新の記事

YJキャピタル、学生起業家育成プログラム「Code Republic Startup School」2019夏期募集開始

F Ventures、2号ファンド設立。定額利用コワーキングスペース提供により地方起業家の支援拡大へ

毎日新聞社などが運営する「毎日みらい創造ラボ」、シードアクセラレーションプログラム説明会開催

subsclifeが、約1億円の第三者割当増資を実施

カテゴリー

すべての記事

NEWS

イベント

アーカイブ